コレステロールとは

コレステロールというと、身体にとって毒だと思われがちですが、実はコレステロールというのは脂質の一種で、体内で必要とされている栄養素です。

 

コレステロールは、人間の身体を作っている細胞や、人間の体内でさまざまな働きを伝達するホルモンのを作る材料となっています。また、ほとんどのコレステロールは体内で作られているものなのですが、食べ物から摂取されるコレステロールのうち大部分は、肉や卵などの動物性の食品から摂取されています。

 

そういった動物性の食品から摂取されたコレステロールは、体内で動脈硬化を引き起こして、さまざまな生活習慣病の原因となってしまうとされています。ですので、こういったコレステロールの割合が高いと診断された方は、コレステロール値を下げるよう指導されるのです。

 

逆に、魚や植物オイル、クルミなどから摂取された良質のコレステロールは、過剰なコレステロールの排出などに使われていますので、摂取を推奨されています。

 

このように、ひと口にコレステロールといってもその働きには種類があり、全てをカットすれば健康に良いというわけではないので、控えすぎないよう気を付けていきましょう。

 


このページの先頭へ戻る